バックが上手くなるレッスンはコレ|車庫入れ上達

バック名人になるためのレッスン内容一例

道路の端や縁石にピッタリ寄せて止める方法!

え!?バックや車庫入れの解説じゃないの!?と思われるかもしれませんが、これも道路上での駐停車方法ですし、この後で学んで頂く駐車テクニックの基本となります。

 

普段運転していると、道路の左端(縁石や建物)に沿わして駐停車することが多くありますが、あなたは一発で他車に迷惑にならずに、きれいに左に寄せて止めることが出来ますか?

 

道路の端や縁石に止める方法

 

教習所の発着点(試験の時出発して戻る所)では左の端から 30cm以内に止めないと減点となりますが、私が指導した生徒さんは皆10cmほどの間隔で決められ位置に毎回ピッタリ止めていました。 

 

車庫入れ マル秘運転テクニックこの運転経験がない初心者でもできる方法 がマル秘運転テクニックです!
今回はそれを更に簡単に実践して頂けるようにスーパーイージーテクニックとして解説しました。

 

まさに目からウロコの簡単運転テクニックです!

 

「バックの名人」 詳細はこちら

 

線で区切られた駐車場に一発で駐車する!

このレッスン4はかなりのページを割いて詳しく解説しました。

 

その理由はスーパーなどにある線で区切られたタイプの駐車場に、一発で駐車するための方法をマル秘運転テクニックで説明し、スーパーイージーテクニックで実践方法を解説したからです。

 

線で区切られた駐車場に一発で駐車 バックの名人

 

 

また、ここまでのレッスンの復習も兼ねてハンドルを切る向きやそれによって動く車の方向、車をぶつけたりしないための知識もたくさん解説しました。

 

駐車場でのハンドル操作

 

このように書くと「難しそう・・・」と思われる方もおられるかもしれませんが、ほぼ全てのページに図や写真を配置してとてもシンプルに、そしてわかりやすく解説されているのでご心配はいりません。

 

駐車場でのハンドル操作 運転のコツ

 

このレッスンで解説しました『スーパーイージーテクニック』を、とりあえず書かれている通りに試してみてください。 
「駐車することが、バックすることが面白い!」と言った理由が分かって頂けると思います。

 

自宅などの車庫に一発で入れる!

レッスン5では立体枠(自宅車庫や立体パーキングなど)に一発で駐車する方法を解説しました。
自宅などの車庫に一発で入れる

 

 

自宅車庫なら毎回後ろにピッタリ付ける方法も解説しました。
これで狭い車庫でも後ろの間隔がつかめるようになります。

 

また、線で区切られたタイプの駐車場でも左右に車が止まっているような、
狭い駐車場での駐車方法やポイント、コツもこのレッスンで解説しました。
狭い駐車場での駐車方法やポイント

 

もちろんこのレッスンもマル秘運転テクニックで駐車の理論を説明し、
スーパーイージーテクニックで簡単に習得して頂く方法を詳しく解説してあります。

 

簡単に駐車が出来ることの優越感を味わってください!

「バックの名人」 詳細はこちら