これで車庫入れが上手くなる

バックの名人が教える駐車や車庫入れの方法

駐車や車庫入れの方法窓から顔を出してバックしたらダメです!

 

知っていましたか?

 

どういう事かと言うと・・・ 運転が苦手な方は、自動車教習所で教わった難しい運転方法・・・?

 

または、後ろを振り向いてバックしている人も結構多いですよね。

 

 

バックのコツはどこを見れば良いのか 駐車や車庫入れの方法こんなバックの仕方では小さな車ならまだ良いですが、チョッと大きくなると接触が怖いでしょう!

 

バックのコツは、どこを見れば良いのかが理解できると、車がどんなに大きくなっても運転は大丈夫なんです。

 

 

 

接触する場所が明確に理解できるようになるだけで、自然と上手くなるものなのです。

 

 

車庫入れなどのバックができれば全ての運転が上手くなる

駐車や車庫入れの方法原理原則を知ると、いつ・どの時点で、どこを見ればいいのか? 

 

バックのコツを一度覚えてしまうと、車の大きさなんかまったく関係なくなります!

 

バックのコツ 駐車や車庫入れの方法

「バックの名人」詳細はこちら

 

どうしてバックや車庫入れが苦手なのか・・・

苦手な人のパターン このようなことありませんか?

バックのコツ 車庫入れが苦手 車庫入れの時、車をぶつけたことがある。

 

バックの時にハンドルを切る向きが分からなくなる。

 

スーパーなどの駐車場で手間取り、クラクションを鳴らされたことがある。

 

バックが苦手なために、ペーパードライバーになってしまった。

 

教習所で習った方法では家の車庫には上手く駐車できない。

 

後ろで他の車が待っていると慌ててパニックになる。

 

幅寄せや切り返しの仕方がよく分からない。

 

駐車する時だけ主人や家族に運転を代わってもらっている。

 

 

バックが苦手 悩んでいる女性
駐車や車庫入れなどの『バックが苦手』という方はあなただけではありません。車を運転される方の多くがそう感じていると聞きます。

 

では何故『バックが苦手』という方が多いのでしょう?

 

大きく分けて3つの原因がある

【原因その1】 教わる時間の少なさ

バックを習う教習時限は第一段階で1時限、第二段階で2時限の合計3時限しかありません。
教習所の1時限は50分ですから、実質150分(2時間半)しかバックについて習わないまま免許を取ってしまうのです。
これではバックに関わるすべてを理解することは無理だと思いませんか?

 

【原因その2】 教える側の問題

「何番目のポールが見えたらハンドルを右に切って!」というように目印で教わっている。
『なぜそうなるのか?』の説明がないのは、それは教える時間が少ないのと、教える側もよく分かっていない場合が多いのです。

 

【原因その3】 バックに対する勘違いや思い違い

大半の人が正しいバックや駐車の知識を持たないまま運転することになり、我流でバックを習得してしまいます。
基本が間違っているから上手く出来ない。

 

 

 

駐車や車庫入れのコツ車の運転は勘や感覚、センスで行うものではありません!

 

正しい運転知識とポイントを知るだけで
一気に上手くなることが可能なのです!

 

駐車や車庫入れを簡単にマスターする方法とは!

教材のレッスン通りに練習を進めるだけで【バックの名人】になれます!

駐車場で車をぶつけることのない安全なドライバーに!
バックの時にハンドルを切る方向で迷わなくなるドライバーに!
スーパーなどの駐車場でもらくらく駐車!
バックを克服して、ペーパードライバーからも脱出!
自宅の車庫入れも一発で!
バックが上手くなって初心運転者から脱出!
どんな駐車場でも慌てることなくスマート駐車!
白線の枠内に真っ直ぐきれいに駐車!

幅寄せ切り返し縦列左寄せ駐車もらくらく!
バックしている姿がかっこいい素敵なドライバーに !

 

 

駐車や車庫入れ 上達 自信
車の運転では、駐車場にちゃんと入れれるかが心配なんですよね。これが出来ると自信になります!

 

駐車や車庫入れ、そして車を運転することが楽しくなる方法がこれでわかります!

 

 

最近、高齢者によるブレーキとアクセルの踏み間違いでの事故が多発しています。
長年慣れていても事故は起こりますが、これも駐車中などの運転操作の時に良く起きるのです。 まずは自信を持って落ち着くことでしょうね。

 

『車庫入れ・駐車の徹底マスター教材【バックの名人】』 こちらから